不動産購入時に一度だけかかる税金「不動産取得税」ってなに?

Category|
  • 日常のコト
  • 資金計画・ローン・税金
不動産購入時に一度だけかかる税金「不動産取得税」ってなに?

こんにちは。お客様の資金面をサポートしておりますRENOVESの池田です。 家を取得する際に様々な税金がかかってくるのをご存知でしょうか。 本日は、不動産の購入時に一度だけかかる不動産取得税について解説いたしますね。 不動産取得税とは一体何? 不動産取得税とは、不動産を取得したことに対して課される地方税の事です。北海道の税金ですね。毎年課税されるわけではなく、不動産を取得したときに一度だけ収める税金です。相続の場合は非課税となりますが、売買、贈与、交換、新築などの場合は課税されることになります。 不動産取得後に届く納税通知書を使用して納付するのが一般的です。取得後、北海道からハガキが届きます。所有権移転後、おおむね3ヶ月ほどで通知が届きます。 不動産取得税はどのくらいかかるの?計算方法は? 気になるのは、一体どのくらいの費用がかかるかという点ですね。 不動産取得税は次のように計算します。 不動産取得税の計算方法 建物の税額 = 固定資産税評価額 × 3% 土地(宅地)の税額 = 固定資産税評価額 × 1/2 × 3% ※令和3年(2021年)3月31日までの取得(2019/12/16時

続きを読む
前へ