建築・インテリア|日常のコト

500年前のDEN

Category|
  • 日常のコト
  • 建築・インテリア
500年前のDEN

DENとは、巣、ほら穴を意味する言葉です。

 

500年前のDEN

平面図では「書斎」や「趣味を楽しむための部屋」という意味で使われます。

 

・・・話は歴史にさかのぼりますが、

 

500年前のDEN

500年前の武士のDENともいえる茶室。

先日、千利休が設計をしたといわれる茶室にいきました。

500年前のDEN

京都府乙訓郡 国宝 妙喜庵

 

室内は撮影厳禁ですので、お見せできるのはここまでになるのですが、この2畳の空間に入り豊臣秀吉は…茶の湯に夢中になりました。

 

500年前のDEN

その日の午後、滋賀の佐川美術館にある現代茶室

「樂吉左衞門館(らくきちざえもんかん)」にも向かいます。

 

500年前のDEN

茶室の500年の変化が楽しみでした。

 

500年前のDEN

見学していて、ふと気がついたこと。

「素材や道具は選びぬかれた品質であること」

説明をうけた一つ一つに、物語がありました。

 

 

500年前のDEN

きっと道具好きで、もしかすると奥方に怒られながら茶器を買っていたのかも。
と妄想してみると愛らしくも思えます。

天下人ですから、そんなわけはないのですが…

 

私も欲しいものがあったとき、「DNAだから仕方ないんだ。」と、開き直ってみようとおもいます。

 

谷川