dance

Data
  • 種別
    マンションリノベーション
  • エリア
    札幌市白石区
  • 家族構成
    大人2名
  • 面積
    81.96㎡
  • 築年
    平成7年1月
01暮らしのテーマ「dance」に込められた思い

小林さんご夫婦は、登山や陶器集めをご趣味にされています。ご主人の健さんは料理が趣味で、特にハマっているのはスパイスカレーづくり。奥様の亜希子さんは、自宅で好きな音楽を聞きながら、ゆっくりと過ごすのが大好きとおっしゃっておりました。元々親族の方が所有されていたマンションをお借りして住んでいらっしゃいましたが、受け継ぐことになり、同時にリノベーションのご計画を立てられました。どんな暮らしを考えていらっしゃったのかお聞きしてみました。

「賃貸時は、物が多い暮らしだったので、とにかくすっきりとして、掃除も楽しくしたかったんです。片付けが苦手だったので、ストレスを感じることがないスムーズに片付けするのもテーマでした。室内がとても寒かったので、暖かく過ごすことも大切でした。私はうつわが好きで、夫は料理が好きなので、二人でゆっくりと食事を楽しめる家にしたいと思っていました。仮住まいでは料理が作れない環境だったので、新しい家具が入った素敵な空間で、手料理を食べながらお酒を飲む時間が、心から楽しみです!!」

02アーチっぽくないアーチにしたい

玄関から土間が丸見えにならないようアーチ上の垂れ壁とすることが決まりましたが、本当にこれが嫌で笑。「かまぼこみたいなのがいや」「丸みが醸し出すポップな感じが嫌」「出来るだけアーチっぽくないアーチにしたい」のような右脳発言に対し、様々な提案・模索があり、最終的に現在の垂れ壁に。好きになれなかったあのアーチ形状を我が家のシンボルといっても過言ではない構造物にまで昇華してしまった高田さん。間違いなく最高の垂れ壁です。もう打ち合わせできないのが寂しいです…。(健さん)

夫に「丸いアーチはなんか好きじゃない。」の一言から急遽アーチぽくないアーチを模索する事に。高田さんの提案の末出来た図面は私の想像力ではイメージ出来ず、なんぞやその形は???でしたが、完成を見てアーチっぽくないアーチがこんなにかっこいいんだと大大大満足です!自宅に帰ってきて最初に目に入る場所がお気に入りになりました。(亜希子さん)

無いものを生み出したり、作っていく過程が、きっとワクワクにつながっていくと思っています!

03大切なのはお話を重ねること

「今相当レベルの高い話してますよ」のセリフから始まる少しマニアックな話、遅い時間になると飛び出す「ここだけの話」、こちらのアイデアや提示する資料に対し「ふ〜ぅ!!」と高まってくれるあの感じ。どれも忘れられない思い出です。(健さん)

一つ一つの打ち合わせがいつも盛り上がり、しばしば話も脱線してしまうのも楽しかったです。(亜希子さん)

私たちが大切にしていることは、お話を重ねることです。ご夫婦でも別の地域で、違う暮らしをしていますので、価値観もきっと違うでしょう。これからどんな暮らしをしていきたいのか、私たちはただ純粋に一緒に考えていきたい。だから、たくさんお話しましょう。私たちはどこまでも暮らす人を100%に考え、まっすぐに向き合います。

04【インタビュー】家づくりはいかがでしたか。

何回打合せをしたか覚えていないほどの回数で打合せを重ねてきました。「打合せは3回を予定しています」のように謳っている他社が多い中、たくさんの打合せは本当にありがたいです。話を重ねるたびに私たちのやりたいことが見えてくるし、想像を具現化するために必要な知識やアイデアの種を多く与えてくれました。

一度として「用意された答え」で提案されたことはなく、あくまでも私たちがどうしたいのかを引き出してくれる打合せ。言葉で言うのは簡単ですが、この一貫したスタンスに会社の誠実さを感じました。 (健さん)

05【インタビュー】休日はどんな過ごし方をしたいですか。

音楽をかけながら静かに料理をしたいです。 大豆から味噌を作りたいです。心穏やかに読書をしたいです。友人を呼びたいです。(健さん)

今まで、家に植物が無かったのでリノベーションを機に増やしたいと思ってます。リビングが広いので色々な種類を育てたいです。今年の夏は登山ができなかったので登山にも行きたいです。(亜希子さん)

06【インタビュー】RENOVESを選ばれた決め手は?

MSリノベーション見学会「SHY」に参加したとき、既製品で好きなものが無かったら作れるんだ!こんなデザインもやってもらえるんだ!部屋を案内してもらってるだけでワクワクが止まらなかったです。

私たちがどうしたいか、どんな事が好きか、趣味は何かなどから始まり好きの延長線から、家作りに繋がるものを引き出してくれる会話や、同じ目線に立ってくれる事がすごく、新鮮で楽しかったのを覚えています。その後他社の見学会や説明を聞いてみると、やはり出来る事の少なさや、限られた感が否めなく、まだ見て回る予定を切り上げてRENOVESさんにお願いする事にしました。(亜希子さん)

07【インタビュー】これから家づくりをスタートされる方に、メッセージをお願いいたします!

家づくりは我々夫婦史上で最大の共同作業でした。折り合わない部分が出てくるのは当然、普段のお互いへの不満さえも家づくりを通じて顕在化します。しかし反面、お互いの気持ちを理解し合い、夫婦として物事を前進させる作業はかけがえのない体験でした。同じ境遇の方、頑張って欲しいです!(健さん)

自由度が高いからこそ、どうしたいのかを明確にしておくのは大事です。決めていく事が多くて、大変だと思うことも…。でも完成するとその大変さも吹っ飛ぶほど感動します!たくさん話し合い、RENOVESさんの力を借りて家作りを楽しんでください!(亜希子さん)

dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
dance
事例一覧に戻る