お引渡しまでの流れ

リノベーションの打ち合わせから、中古住宅の購入。
家創りにはさまざまなプロセスを通っていかなければなりません。
ここでは、お引渡しまでの流れとして、一つ一つわかりやすいご紹介いたします。
リノベーションが終わり、住まわれてからが本当の家創りの始まりでしょう。
さあ、楽しい家創りの始まりです。

中古住宅+リノベーション スケジュール全体






hikiwatashi_15.jpg
hikiwatashi_17.jpg
hikiwatashi_19.jpg

hikiwatashi_23.jpg
hikiwatashi_25.jpg
hikiwatashi_27.jpg
hikiwatashi_29.jpg



ご覧いただきたい場所をクリックすると、詳しい説明がご覧いただけます。

1.ご面談とヒアリング

お住まいの選び方には、いろいろありますね。
賃貸住宅、新築建売住宅、リフォーム済中古住宅、新築オーダー住宅。そして、私共が専門とさせていただいております、中古住宅を購入して、自分の好みに合わせてオーダーしてつくる、リノベーション住宅。あなたの暮らしに合わせたを理想の住まいを手に入れられるには、どの選択肢がベストなのでしょうか。まずは、丁寧なヒヤリングをさせていただきながら、あなたの人生設計にあった賢い住宅の選び方を一緒に考えてみましょう。

あなたのお住まいになりたい場所はどんなところですか?例えば、ご実家の近くに住みたい。子供さんの学校区を優先したい。ご主人の通勤の便のよいところであれば特にこだわらない。車がないので、公共交通機関の利用できるところ。高速道路をよく利用するので、高速の近くがいい。あまり住宅が密集していないところがいい。など、あなたのご家族のお住まいになりたい場所を教えてください。

例えば「かっこいい」ということばひとつをとっても、いつも一緒にいらっしゃるご夫婦でさえ、「かっこいい」からイメージする風景は異なっていらっしゃることが多いものです。あなたの思い描いていらっしゃる「かっこいい」と思っていらっしゃる家の写真。「カフェみたいな空間で、こんなインテリアに囲まれて暮らしてみたい・・・」といつも眺めていらっしゃるお気に入りの雑誌などはございませんか。

あなたのお気に入りのお店やインテリア、雑貨などを例に挙げ、ご自分がイメージしているヒントとなるものをお持ちいただけると、家に対する想いを共有させていただくことができ、より具体的なご提案が可能になります。

2.資金計画

家創りの一環として、資金計画をきちんと行い、アドバイスをさせていただくことは、とても重要度の高いステップですね。ヒアリングでお聴きした内容を踏まえて、しっかりと資金計画を立てていきましょう。

まずは、あなたのライフプランの中で、住宅費として毎月お支払いいただける金額とは一体いくらでしょうか。また、あなたの年収や、その他のお借り入れ総額を引いて、一体いくらまで借り入れすることができるのか。ここは、是非とも初期の段階で抑えておきたいポイントですね。

そのほかにも、毎月の支払額のほかにどのような費用が発生するのか。住宅を取得するうえでかかる諸費用は、一体いくらかかるのか。住宅ローンの支払いはいつから始まるのか。これらをお話します。

リノベーション札幌では、あなたのマネープランをトータルで検証して、できるだけムダを省き、効率よく、資金を活用できるように、アドバイスをさせていただいております。

住宅という大きなお買い物をされるときは、今までのマネープランをトータルで見直すタイミングのひとつだと思います。親切で、丁寧なファイナンシャルプランナーが、あなたのご融資をはじめ、銀行選びから、すべてをサポートさせていただきますので、ご安心ください。

3.中古住宅探し

中古住宅選び
リノベーションの素材となる中古住宅を探します。今までヒアリングさせていただいたご要望、資金計画を踏まえて何を優先されるかを、再度打ち合わせをしてまいりましょう。
それによって、どの地域に、いくらくらいの中古住宅をみつけるか。
今は、インターネットでも、随分と簡単に中古住宅の情報をみつけることができるようになりました。

また、「いつも出勤の途中に通る家なのですが、表札もはずされていて、人の気配がありません。ここの家が気になるんですけど・・・」などという、レアな情報も貴重です。

中古住宅を探す際の、ポイントや注意点といった検索の極意もアドバイスさせていただきます。
あなたのご希望に沿った 中古住宅を見つけるためにも、ここは、弊社のスタッフと情報を共有させていただきながら、共同作業で勧めていきましょう。


中古住宅調査

いくつか候補の中古住宅がみつかりましたら、中古住宅の調査を行います。その中古住宅があなたの希望にあった暮らし素材となるかどうかを、一緒に検証しましょう。まず、不動産としての調査を行います。既存の建物が違反建築でないことの確認は必須です。違反建築物は、融資の審査が通らないことが多いので、要注意です。

また、景観やまわりの環境、陽の光の入り具合はどうか、車は希望の台数置けるか、土地の大きさに対して、あなたの望む広さを確保できる建物であるか・・・など。リストに基づいて、不動産のプロとして現場を確認いたします。

また、建物の調査は、建築士と一緒に現地へ行き、目視で建物の状況を調査します。建物によって、可能な調査が異なってきますが、リノベーション工事に適した建物であるかどうかのチェックを行います。

基本的には、ある一定の条件を満たせば、リノベーション工事は可能ですが、極端に費用がかかりすぎて、あなたのご要望が満たせないような中古住宅は避けなければなりません。
中古住宅診断リストに基づいて、現場の確認調査を行います。

4.初回ご提案

素材として選ばれた中古住宅が、物件調査でGOサインがでました。

ここから、いよいよプランニングに入ります。ヒヤリングさせていただいた内容を盛り込んで、平面図をおこします。家全体の構成、ボリューム、コンセプトなど、あなたのご希望がきちんと反映されているか、図面やパースを見ながら、一緒に確認していきましょう。
その際、概算の見積を提示させていただきます。当初の予算内であるかどうか、また、予算をオーバーしている場合は、どのようにコストをダウンさせていくかのアドバイスもさせていただきます。

中古住宅の購入費用 + リノベーション費用 + 諸費用 ≦ あなたの予算

初回ご提案にて大枠のプランがOKとなりましたら、次のステップへと進むことになります。

5.中古住宅の購入申込

検討された中古住宅を購入されることにご意思が固まりましたら、売主宛に[不動産購入申込書]を提出します。
場合によっては、不動産の価格交渉もサポートさせていただきます。

6.融資事前審査

購入のお申込と同時に、銀行へお借入れの申込みを行います。あなたにとって、条件の良いと思われる銀行を2、3選んで審査を受けてみられるのもよろしいかと思います。
リノベーションの場合は、銀行によって、評価や借入れ年数が異なります。最終的にどこの銀行を選ぶかというのは、まだこの段階で決める必要はありません。

7.中古住宅売買契約

融資の事前審査で承認がおり、売主様と契約条件の折り合いがつきました。いよいよ中古住宅のご購入の契約を取り交わすことになります。
売主様側の不動産業者から「重要事項説明書」という、物件の詳細説明を受けます。同時に、「不動産売買契約書」に捺印して、手付金を支払い、売買契約の成立です。

8.リノベーション工事の詳細打合せ

売買契約が成立してから、銀行融資本申込までの間に、リノベーション工事の内容について、数回打合せをさせていただくことになります。また、この段階で、リノベーション工事を担当させていただく施工業者も一緒に打合せに参加していただきます。

既存の建物の性能をどのようにあげていくのか。
耐震補強・断熱工事はどのように行うのか。
事前の物件調査の内容を確認しながら、見積に沿って確認していきます。 

また、暖房は何を選んでいくのか? ガス? 電気?  灯油?各コストを比較しながら、選んでいきましょう。奥様の目線にたって、生活動線、キッチン・ユーティリティーなどの配置や仕様もじっくり考えたいですね。場合によっては、オリジナルキッチンも製作することもできます。

このように細部にわたり、イメージパースや、実際に使用する外壁・屋根・壁材・床材やキッチン・建具・サッシ・設備機器のグレードなど、カタログや実物、今までの施工事例を見ながら、あなたのリノベーションの詳細をつめていきます。
場合によっては、コスト削減のために、ご自分たちで手をかけるセルフリノベーションや、既存の建物にあるものを有効に活用して・・・などというお話もでてくるかと思いますが、これが、リノベーションならではの醍醐味です。

最終プランが決まった段階で、再度お見積りを精査させていただきます。これで進めましょうとご了承をいただいたところで、リノベーションの工事請負契約と進んでいきます。

9.リノベーション工事請負契約

打合せの内容に基づいて、再確認を行い、施工会社と工事請負契約を交わしていただきます。

10.銀行融資本審査お申込から融資本承認

さあ、中古住宅の売買契約、リノベーションの工事請負契約も終わりました。いよいよ、どこの金融機関からいくらのご融資を受けられるかを決定することになります。
金利の選択についても、あなたのご意向をお聴きして、ファイナンシャルプランナーがアドバイスさせていたただきますので、ご安心ください。金融機関が決定しましたら、本審査のお申込を行いましょう。本審査の承認が下りるまで、約2週間を要します。

11.中古住宅代金決済

本審査の承認がおりましたら、中古住宅売主様へ残代金をお支払いします。これを残代金決済といいます。

同時に司法書士が立会いのもと、中古住宅の所有権移転登記を行います。その他、火災保険の加入の手続き、不動産会社への仲介手数料の支払いなど一部諸費用のお支払いがございます。
こちらも、すべてお手伝いをさせていただきますので、ご安心ください。

12.リノベーション工事着工

いよいよ、あなたの夢がたくさん詰まったリノベーションが始まります。まずは、解体工事を行います。

リノベーション札幌では、日々の現場の写真を記録して、現在の進行状況をお知らせする施主様へのサービスを行っております。
解体の模様から、再生されていく様子がご自宅のパソコンにてご確認していただくことができます。(こちらはお客様のみの公開となっていますのでご安心ください)
また、現場の進捗に合わせて、細かい仕様の打合せを行わせていただきます。例えば、コンセント・照明の位置、床の色、壁の色、ドアの取っ手、あなたの描いていらっしゃるイメージに基づいて、最終的に決定していきます。

リノベーションの工期は、戸建であれば、約2ヶ月半。マンションであれば、約一ヶ月程度です。

13.お引渡し・アフターフォロー

リノベーション工事完了後、銀行にて、工事代金の決済を行います。
施工会社から設備機器等の使い方やメンテナンス方法についてご説明をさせていただきます。

ここからが本当の意味での長いお付き合いをさせていただくことになります。施工業者とプログラムを組み、しっかりとアフターフォローの計画をさせていただきますので、どうぞご安心ください。