代表者プロフィール

RENOVES リノベ札幌株式会社代表 ハタノアキ

略歴

1965年
北海道札幌市に生まれる。

1984年
株式会社日本興業銀行本店(現みずほ銀行)へ入行

1987年
興和不動産株式会社札幌支店へ勤務

1991年
女児出産

1993年
札幌市内大手不動産会社勤務。
賃貸業務を経験後、売買仲介業務、投資用アパートマンションの販売、住宅のプランニングおよび販売を10年間。

2006年
リノベーションを得意とする不動産会社に業務委託として勤務。
リノベーションプロデューサーとして数々のリノベーション住宅を企画・販売する。
お客様の目線にたって中古住宅を探し、お客様のライフスタイルに合わせたオーダーリノベーションのノウハウを構築。

新築でもない、単なるリフォームでもない。
自分で中古住宅を購入して、自分スタイルでアレンジをして住みたいという、
堅実で、おしゃれなリノベーションファンの皆様のために、
より安全な中古住宅を選び、そしてリノベーション施工を任せて安心出来る施工会社と組む。
あなたの求めていたおしゃれでかっこいい空間を一緒に創らせていただきたく、リノベ札幌を立ち上げる。

代表 ハタノアキからのメッセージ

リノベ札幌代表ハタノアキの生立ちとともに、
リノベーションマインドともいえる住まい創りへの想いをお伝えいたします。

ぜひ、最後までご覧いただきたいメッセージです。

東京、丸の内でのOL時代

バブル景気真っ只中の東京、丸の内。
めまぐるしい経済発展の中心地で、超満員の電車に揺られ、建設ラッシュのオフィス街や住宅街を行き来していたOL時代。

一生懸命頑張りさえすれば、お給料はうなぎ上り。年に一度は海外旅行、そしていつかは庭付きマイホーム。銀行の金利も7%という時代でした。

しかし、そうした東京のスピードや空気感にやりきれないものがあり、生まれ育った札幌へと拠点を移し、同銀行系列の不動産会社へ転勤。

バブル絶頂期で地価もどんどん上がる中、結婚・出産を機に大手ハウスメーカーにて新築二世帯住宅を購入、幸せなマイホーム暮らしを始めました。

その時出会った担当の営業マンを今でも覚えています。彼の生き生きとした仕事ぶりを見て、私もいつかは「お客様と一緒に家を創るお仕事がしたい」と思うようになりました。

住宅の仕事に携わるようになりました。

そうした出会いを経て、出産後、市内の大手不動産会社に再就職をしました。宅地建物取引主任者の資格を活かして、賃貸業務から投資用アパートの企画・販売、そして念願の住宅の企画・販売業務へと携わることになります。

担当地域が札幌市中央区・宮の森・伏見などの高級住宅街だったこともあり、4000万円〜5000万円の住宅が企画・販売と同時に飛ぶように売れていきました。

私の勤務していた会社は、ハウスメーカーではなく、不動産会社だったため、住宅の建築から販売のノウハウ等はほとんどなく、担当者も私一人という状況でした。そんな状況の中でも、年間30組のセミオーダー住宅を販売させていただくことができました。

それは、

  1. お客様と一緒に家を創ることが、何よりも楽しく充実していたこと
  2. コツコツとシステムを作り上げることが得意だったこと
  3. 気力体力があったこと
  4. 一生懸命にやらせていただいたので、お客様の信頼をいただけたこと

この4つがあったからだと思います。
今でも、当時のお客様と交流させていただいており、大変ありがたく思っております。

お客様にとって「最適な家」とは…

しかし、私の「家」に対する考え方も、少しずつ変化してきました。時代は刻々と変化を遂げ、年功序列の給与体系も当たりまえではなくなりつつありました。あるご家族のお引き渡しの際に、ご主人様と娘さんとのこんな会話を耳にしました。


「パパ、夏休みはディズニーランドへ行くよね。行くって約束したもんね。」

「う〜ん、どうかな。パパは、ママと百花(ももか)と翔くんのおうちを買ったからね。しばらく、遊びは我慢しなくちゃいけないんだよ。パパも欲しかった車もしばらく買えないし、ゴルフも行かないよ。パパもこ〜んなにいっぱい我慢するんだから、百花もパパとおうちで遊ぼうね。ディズニーランドも、しばらく我慢だね。」

この何気ない会話を聞いて、ドキッとしたことを今でも鮮明に覚えています。

「あなたにとって良い住宅とは?」と訪ねられたら、どのように答えられますか。

今のわたしは「家族が揃って、良い人生をおくれる場所」と答えます。

それは、もしかしたら賃貸住宅かもしれませんし、マンションかもしれません。さまざまな住宅観があっていいと思います。

家というのは、人生を楽しむ最高の道具(どうぐ)なのではないでしょうか。

一生に一度の大きな買い物だからといって、最高な家をと力が入ってしまうのは当然なことですね。だからといって、家を購入したばかりに、心のゆとりをなくしてしまったり、毎月の支払いに追われて、身動きがとれなくなってしまうということは、良い住宅を選んだことにはならないのではないかと疑問を持つようになったのです。


以来、私が本当に提供させていただきたい住宅とは、「最高の家」ではなく、そこに住まうあなたの家族にとって、「最適な家」を探すべきだと考えるようになりました。

リノベーションとの出会い、そして起業

そんなときに出会ったのが、「中古住宅を購入して、リノベーションする」という方法でした。

「暮らしたい場所にまだ使える良質の中古住宅を購入して、自分の思い描いた空間につくり替える」。何と夢のある住まい方なのでしょう。

もちろん、中古住宅を使用するので、選び方を間違えると大変なことになりかねませんが、きちんと順序を踏めば、新築住宅を注文して建てるよりもコストを抑えられることができます。

またその分の費用をこだわりの天然素材や内装にかけることができるので、お客様の満足度が高いことも特徴です。

新築注文住宅で、お金をたくさんかければ、最高の住宅ができるでしょう。ところが、リノベーションという手法を用いれば、中古住宅を活用して自由に注文住宅をつくることができるのです。なおかつ、新築では見つからない好立地も、既存の中古住宅なら見つけることができるかもしれません。さらには、家計に合わせたコストバランスの調整ができるのですから、とても堅実な方法だといえます。

また、資源を有効活用して、リサイクル(再生)するので、循環型社会に貢献することにもなります。地球環境と家計にやさしい住まい方なのです。

最近、「リノベーション」という言葉が、あちらこちらで聞こえるようになりました。不動産会社、工務店、設計事務所など、それぞれの会社によって、リノベーションという言葉の使い方に違いがあるかと思います。

「RENOVES」が提供させていただく「リノベーション」とは、第一にあなたの家族が「快適」で、なおかつ「安心」して生活していただける家へと再生することを前提としています。

「リフォーム済みの中古住宅を購入したのですが、すきま風は吹くし、結露はひどいし、とにかく床も冷たいし、寒いんです。外壁も膨らんできてしまって・・・。購入先の不動産屋さんにいっても、施工したのは工務店だから、そこの人を行かせますというやりとりの繰り返しで、もうすぐ2年が過ぎてしまうんです。確か不動産屋さんも2年間しか保証してくれないでしょう。この先はどこに相談したらいいんですか?」といった質問もよくお受けします。私も不動産会社で勤務していたので、内情はよくわかります。

不動産業者で扱っているリフォーム済住宅は、購入されるお客様の立場に立って、調査を行い、それをもとにリフォームされた家ももちろんあります。その一方で、とにかく売れる相場で価格を設定して、利益をいくらとるか、そのためにはこの金額の中で、表面をきれいにして、水廻りを取り替えて・・・という基準で売られているものが多いのも現状です。

もちろん、理解した上で購入されるのなら良いのですが、多くの方はあまり知識がないので、上記のようなご相談があとをたたないのでしょう。やはり、中古住宅を購入されるときは、専門家に頼んで、しっかりとした調査をすることが必要です


リフォームとは一線を画して「自分の家族にとって最適な家を創る」方法をリノベーションで叶えたいとご興味をもたれた方のために、私はリノベーション専門店として独立起業しました。

不動産・住宅業界歴20年で培った知識と経験、お客様の声をもとに、お客様の立場に立った会社としてお気軽にご相談いただき、お役に立ちたい。私は、長いことこの業界にいて、さまざまなお客様に住宅をご提供させていただきましたが、一度も売り込んで購入していただいたという経験がありません。

それは、「家は営業して、売り込んで買っていただくものではない」というのが私の持論だからです。お客様にとって「最適な家」とはということを、一緒に考えて、共に創り上げていくスタイルが、素敵だと思います。
自分自身、本当に良いと思ったものでなければ、おすすめできない性格ですから「売上をあげろ、利益率!!」と追い立てられ、言われれば言われるほど、じっくりとお客様の立場に立って、お客様を守ろうとするこの性格。もう、自ら起業してやるしかなかったのです。

リノベーションについては、まだ一般的ではないため、銀行の融資の受け方も特殊です。また、施工についても、どこの会社でも対応できるとは限りません。お客様に本当に満足していただくリノベーションには、特殊なスキルが必要です。

リノベーション専門店としてお役に立ちたい

もし、あなたが「リノベーションという方法も、少し考えみようかな」と思われたとするのなら、どちらに相談に行かれますか?

不動産業者と答える方も多いと思います。しかし、不動産業者は中古住宅を見つけたり、斡旋をしてくれるプロですが、その住宅があなたのリノベーションに適しているかどうかは判断できないないのが現状です。
では、施工会社さんにいかれますか?

もし、あなたのお住いになられている住宅をリフォームされるのなら、それで十分です。しかし、中古住宅を購入されるところからとなると、残念ながら施工会社さんには中古住宅の情報は、あまり持ちあわせていないのです。

そこで、私は今までの経験を活かして、より堅実な住宅選びを求められている方の窓口として、リノベーション専門店である「RENOVES/リノベ札幌」を立ち上げました。

私のまわりには、「中古住宅を購入して、リノベーションするってすごくいい手法だね。ちょっとテクニックが必要だけれど、お客様も本当に喜んでくださるね。しかもお客様と一緒に作る感覚が楽しいね。こんな時代だからこそリノベーションを広めていきたいね」と志を共にする不動産業者・建築家・施工会社・デザイナー・ファンナンシャルプランナーが集まっています。

みなさん、それぞれの立場でリノベーションに携わり、この可能性に気づいています。


私は、その方たちとリノベーションを求めていらっしゃる方との架け橋として、リノベーションの良さ、楽しさ、可能性を啓蒙し続けます。同時に、住まいを選ぶ上で堅実な方法であるということを、もっとたくさんの方にお知らせするためにも、リノベーションに関する情報を発信していきます。


創業日2008年10月1日

RENOVES/リノベ札幌株式会社 
代表取締役 ハタノアキ