蕎傳

2017.04.20

IMG_9610

弊社の大工さんが工事したという白石区の【蕎傳(そばでん)】さん
「見ておいたほうがいいとお声掛けいただき。」足を運びました。

IMG_9603

IMG_9601

京都の長屋を設計している建築家の方が札幌に来て施工監理されたそうです。

IMG_9602

木の根っこをそのまま生かした梁
ここまでの古民家住宅は、なかなか見れるものではありません。

IMG_9606

蕎麦も美味しかったけど、そっちのけでキョロキョロしてました。
きっと挙動不審だったとおもいますが、とても素敵なたたずまい。

IMG_9598

そんな古民家を手掛けるほどの凄腕をもっている大工さん
仕事の「大きい」「小さい」に関わらず、どんなときも一生懸命な姿勢が素敵でした。

話はかわりますが、私が学校を卒業して一番初めに管理補助した建物は「公民館」でした。
「古民家」と発音は似てますが、ぜんぜん意味が違います。

やっぱり 言わなきゃよかったです。

書いた人:谷川満隆(たにがわみつたか)

滋賀県出身。建築デザイナーとして建物調査・設計デザインなどを担当。建築士、多数の調査資格を所有。好きな食べ物は皿うどん。→詳しいプロフィール

スタッフブログ一覧ページヘ