【いこい】第1話:DIYが好きな理由

2017年第2回目の開催となるRENO CAFE いこい。お施主の元木さんは、今回のリノベーションの中で、数々のDIYに挑戦してこられました。

なぜDIYがお好きなのか、元木さんにお聞きしてみました。

「とにかく計画をたてるのが好きなんです。そして想い描いた仕上がりになったとき、とても喜びを感じますね。自分で仕上げられたものには愛着もひとしおです。もちろん自分で作ることで費用が抑えられたという他の要素もあります。失敗することもあるけれど、なぜダメだったのかを考え直してまたトライすること。一連の流れの中から、達成感を感じられるのが楽しいんです。」

今までは賃貸住宅暮らしが続いており、木材を切ったり、加工する場所がなく、興味がありましたが実行できる環境ではありませんでした。リノベーションでお住まいを取得されたことから、理想の環境がついに整ったのです。

1階のウォークインクローゼットの棚作り、キッチン横の食器棚とバックボード制作、リビングのテレビボード制作と積極的に家づくりにご参加していただきました。

お引き渡し後の仕上げとして、床に蜜蝋ワックスを塗る作業も楽しみとして残されています。

自らカスタマイズを繰り返すことで、創意工夫が生まれてきます。お手伝いしていただいた息子さんと一緒にDIYを経験できたのも、子育ての一貫として社会勉強になったのではないかと感じられたそうです。

リノベーションで戸建を購入されて、DIYを楽しむ場所を手に入れた元木様。次はあれを作ろうかな、どうやったら作れるかな?と考える時間が、毎日を豊かにしているのかもしれません。

毎日の暮らしの中で、どんな楽しみを見つけられるのか。あなたは家でどんなことがしたいですか? どんな楽しみを感じたいですか? 一緒に考えて、あなただけの答えを見つけていきましょう。


← いこい リノベーション事例 に戻る

←RENO CAFE いこい に戻る