【21st】第2話:自分だけの家をつくるために

リノベーションのお打ち合わせは何度も繰り返します。都度都度、頭の中のイメージを絵で表現してくださいました。あまりにお上手で本当に驚きました。

打ち合わせでは考えることがたくさんあります。

例えばキッチンバックボード。家電の大きさや量、コンセントの配置・数、ゴミ箱の設置・使いやすさ、どんなものを収納されるのか、などなど。いまキッチン周りにあるものがどんなものなのか、事前に確認する必要もありますね。現在の自宅の状況を把握するのが、住まいづくりの一歩かもしれません。

玄関周りのふくろうのレリーフやポスト位置も自由です。決まりはありません。

一緒に考え、一緒に検証してまいりましょう。ひとつひとつ丁寧に。

吉田さんからいただいた手書きの図面を元に、詳細を話し合い、現場に伝えるための図面を描かせていただきます。

既製品から選ぶことはスピーディーで、なおかつ価格も抑えられます。ですが、そこに独自性はありません。

苦労して考え、納得いくものを作り上げるということは、愛着につながります。自分だけの家ができたとき、この上ないしあわせな毎日を感じられると信じています。


←RENO CAFE 21stに戻る