今年いちばん

2016.12.31

珈琲は「挽きたて」ではなく「焙りたて」が大切と謳う自家焙煎珈琲店【のんびりさん】

その違いを体験しにいってきました。


築100年の古民家をリノベーションしたそうです。

自分で焙煎をさせてもらえる珍しいお店

目標の焙煎具合をきめて

スタート

いい感じになっています。

コツを教えてもらって完成しました。

コーヒーの賞味期限は生豆で12年、焙煎して1週間、挽いて3日なんです。とおっしゃるオーナー

生鮮食品だから、生豆で購入して自宅で焙煎してほしいと願っておられました。

何日か前に焙煎した挽きたての珈琲は、ご飯で例えるなら、数日前に炊いたご飯のよそいたてですわ。という持論

なるほどですね。

来年は自家焙煎に挑戦します。
ぜんぜんのんびりできない【のんびりさん】でした。

書いた人:谷川満隆(たにがわみつたか)

滋賀県出身。建築デザイナーとして建物調査・設計デザインなどを担当。建築士、多数の調査資格を所有。好きな食べ物は皿うどん。→詳しいプロフィール

スタッフブログ一覧ページヘ