【RENO CAFE KOMA[コマ]】第3話:昔使っていたギターをアレンジ!建具職人の手で生まれ変わりました。

奥様が大切に使っていたアコースティックギター。使う頻度が少なくなり、押し入れの中に大切にしまっていました。ギターをディスプレイの一部にできないかと発案をされ、建具職人に相談することになりました。

建具屋さんにてギターの検証からスタート。

まずは、ギターの中ってどうなってるの?という構造を理解するところから始まります。

職人さん同士で会話を重ね、ある程度構造を理解した上で表面の側板を取る作業を開始します。

「へー! ギターってこうなってるんだ」

「なるほど、こういうことね。ふむふむ」

というシーン。

建具職人さんたちは、とても研究熱心。細かいところが大好きな方たちです。

あとは棚を取り付けて完成。

愛着のあるギターが、建具職人の手で生まれ変わりました。これもリノベーションですね!


もくじ


←RENO CAFE KOMA[コマ]に戻る

←施工事例 KOMA[コマ]に戻る