2012/7/8 札幌市手稲区にてリノカフェ(中古住宅+リノベーション見学会)開催

リノカフェ案内写真

愛情を込めながら作られた念願のお住まい

「今年は家を持つぞ!!」と一大決心をされた古山さん。住み慣れた札幌市手稲区で暮らしたいと中古探しをスタートされました。全体のご予算と、理想の暮らし。バランスを考えながら見つけた中古住宅は、敷地面積84坪、昭和55年築の約30坪の住宅でした。建物のコンディションも良好で、価格的にもまたとないくらいの好物件でした。

駐車スペースにもこだわりをお持ちだった古山さん。敷地と配置の関係が素晴らしく、迷われることなくこちらの中古住宅を使ってリノベーション計画をすすめられることになりました。

お二人のご要望をもとに、匠がアイディアを練り、プランニングは進められていきます。

まずは、「リビングにもっと光を・・・」今までも南向きのリビングではありましたが、2階にあるデッキがその光を遮り、充分な明るさを感じることができませんでした。

今回のリノベーションでは思いきってそのデッキが外され、リビングに大きな吹抜けをつくられました。こうした吹抜けの効果によって、南面の大きな窓からは燦々と光が差し込み、お二人がセルフで塗られた巾広の無垢材に、優しい光を落としてくれています。

また、古山さん邸の最大の見所は、2階の寝室から続く大きなウッドデッキです。以前は市街地を望むステキに立地であるのにもかかわらず、その眺望を活かした窓がひとつもありませんでした。この家を見た時にすぐにこのアイディアがひらめいたという匠。

屋根のついた気持ちのいいデッキ。セルフでの床塗り作業を終えて、待望のデッキに立たれたお二人。眼下にはどんなステキな夜景が広がっているのでしょうか。

工夫が満載の古山さん邸ですが、その中でも最後にどうしても叶えたかったカーポートの夢。なんとご主人様は現役の大工さんということもあり、匠の設計図をもとにお仕事のお休みを利用して数日がかりで製作されました。その出来映えは、「さすが!」の一言。とってもステキに仕上がっています。

たくさんの想いが詰め込まれた古山さんのお住いを一日限りのリノカフェとして公開させて頂きます。ぜひご来場下さいませ。

リノカフェ案内写真

ビフォー写真:外観写真。片流れ屋根部分は納戸として利用されていた。

リノカフェ案内写真

ビフォー写真:リビングの様子。仕切りを減らし、現在のスタイルにあった形にリノベーション。

リノカフェ案内写真

リノベーション完成間近のリビング。吹き抜けから差し込む光が、毎日の暮らしをより明るく照らしてくれる。

リノカフェ案内写真

2階の納戸部分をオープンバルコニーへ。札幌を一望できるパノラマビューは絶景そのもの。

リノベーション見学会+カフェ=リノカフェ

私たちは今まで「中古住宅+リノベーション見学会」と呼ばせていただき、イベントを開催させていただいておりました。お住まいについてゆっくりとお考えるになる時間や場所を提供させていただきたいと日々感じていました。

カフェで過ごす時間は、本当に気持ちが良いものです。私は「気持ちの良い空間で、カフェのようなゆったりとした時間を過ごしていただきながら、自らの暮ら しについてお考えになっていただきたい」、という想いを込めまして、リノカフェとして開催させていただくことになりました。

リノカフェの開催概要

日時  2012年7月8日(日) 10:00 〜 20:00

場所  札幌市手稲区

※ごゆっくりと寛ぎながらリノカフェでのひとときをお楽しみいただけますようにと、1時間半ごとの完全予約制とさせていただいております。

※詳しい開催場所につきましては、後日改めてご連絡をさせていただきます。

※お手洗いの用意がございませんので、事前にお済ませいただけますよう宜しくご協力の程お願いいたします。

※リノカフェのお申込は終了いたしました。次回のリノカフェは7月15日(日)の開催予定となっております。近日中にお申込フォームを公開いたします。