2012/6/24 札幌市南区にてリノカフェ(中古住宅+リノベーション見学会)開催

r120415.jpg

それはそれは、感動的お引き渡しでした。

昭和60年に建てられた愛着いっぱいのご自宅を売却され、都心部のマンションをご購入された前所有者のMさん。ご自分達の暮らしのスタイルに合わせてリノベーションをして暮らしたいと、そのMさんが大切にされていた住宅をご購入されたのが今回ご紹介させていただく本間さんご家族です。

120坪を超える敷地に建つMさんのお宅を初めてご見学された時に、亡くなられたご主人様とご親戚の方が設計されたという邸宅の佇まいに感動された本間さん。お住まいになられていたMさんともすっかり意気投合をされ、探し始めて1ヶ月。建物調査の結果、「大変しっかりと建てられています」という匠の言葉の後押しを受け、晴れてこのステキな中古住宅をご購入されることになりました。

Mさんの残されたお庭には、すももにさくらんぼ、ネギにアスパラなど季節を彩る樹木やお野菜がたくさん実ります。お引き渡しの時には、ここを出られるMさんと新しく住まわれる本間さんが並んでお庭のお手入れやおうちでの想い出についてお話をされていらっしゃいました。

「こうしてみると季節ごとにお花を楽しめるように、Mさんはとってもよく考えてお庭をつくっていらっしゃったんだわ♪」と、ご入居前からお庭の移ろいゆく様子を楽しんでい らっしゃる奥様。まさに先人の大切にしていたお住まいを住み継ぐというのはこういうことなのだなと感じさせていただく場面でした。

40坪を超える大きなお住まい。そのお住まいも本間さんの家族構成やライフスタイルに合わせて、作り変えられていきます。お打合せには、将来一緒にお住 まいになるかもしれないご主人様のお母様も参加されるシーンもありました。また、奥様が作られた「夢が叶うノート」には、ご主人様と奥様の夢がたくさん描 かれていました。そんなご要望をもとに、匠がプランニングを重ねていきます。

床材にもこだわられ表現されたい気持ちがあり、1階に貼られた幅広ナラの無垢材には、半日かけてご夫婦でワックスを塗り込みました。完成前に自ら手を加えることで、今まで以上にご自分達の家として愛着が沸きましたと語ってくださった本間さん。

こうして「中古住宅+リノベーション」の醍醐味を充分に味わいながらつくったおうちが間もなく完成いたします。

リノカフェビフォー写真

ご見学時の様子。とても丁寧に住まわれていたという印象を受けられたそうです。

リノカフェビフォー写真

売主のM様と記念撮影。リノベーションには「住み継いでいく」というストーリーがあります。

リノカフェビフォー写真

お打ち合わせ時のワンシーン。

リノカフェビフォー写真

リノベーション施工中、チューリップが綺麗に咲いていました。こうしたお庭がついてくるのも中古住宅ならでは。

リノベーション見学会+カフェ=リノカフェ

私たちは今まで「中古住宅+リノベーション見学会」と呼ばせていただき、イベントを開催させていただいておりました。お住まいについてゆっくりとお考えるになる時間や場所を提供させていただきたいと日々感じていました。

カフェで過ごす時間は、本当に気持ちが良いものです。私は「気持ちの良い空間で、カフェのようなゆったりとした時間を過ごしていただきながら、自らの暮ら しについてお考えになっていただきたい」、という想いを込めまして、リノカフェとして開催させていただくことになりました。

※申し訳ございません。今回のリノカフェは定員となりました。次回のリノカフェは7月1日(日)に開催を予定しております。