8.リノベーション工事の詳細打合せ

売買契約が成立してから、銀行融資本申込までの間に、リノベーション工事の内容について、数回打合せをさせていただくことになります。また、この段階で、リノベーション工事を担当させていただく施工業者も一緒に打合せに参加していただきます。

既存の建物の性能をどのようにあげていくのか。
耐震補強・断熱工事はどのように行うのか。
事前の物件調査の内容を確認しながら、見積に沿って確認していきます。 

また、暖房は何を選んでいくのか? ガス? 電気?  灯油?各コストを比較しながら、選んでいきましょう。奥様の目線にたって、生活動線、キッチン・ユーティリティーなどの配置や仕様もじっくり考えたいですね。場合によっては、オリジナルキッチンも製作することもできます。

このように細部にわたり、イメージパースや、実際に使用する外壁・屋根・壁材・床材やキッチン・建具・サッシ・設備機器のグレードなど、カタログや実物、今までの施工事例を見ながら、あなたのリノベーションの詳細をつめていきます。
場合によっては、コスト削減のために、ご自分たちで手をかけるセルフリノベーションや、既存の建物にあるものを有効に活用して・・・などというお話もでてくるかと思いますが、これが、リノベーションならではの醍醐味です。

最終プランが決まった段階で、再度お見積りを精査させていただきます。これで進めましょうとご了承をいただいたところで、リノベーションの工事請負契約と進んでいきます。